2010年02月22日

藤本式記憶術 藤本憲幸 効果

詳細はこちらをクリック


学習効率が最低でも3倍はアップする勉強法とは?


大学入試や難関資格試験の勉強は、
やみくもに知識を身につけようとしてもダメです。


いかに短時間で身につけるか。
そのスピードがとても重要です。


受験準備の時間が限られているのに、
勉強する事項が膨大にあるからです。


勉強とは「理解 → 記憶 → 確認」の繰り返しですね。
この中で一番負担が大きいのが「記憶」でしょう。


いかに、大量の情報を短時間で記憶するか。
それが試験結果の成否を大きく左右します。


ちょっと、想像してみれば直ぐ分かりますが・・・


1日に英単語を1,000語記憶することができれば、
英単語に関しては楽勝です。


たとえ、翌日に3割忘れてしまったとしても、
700語は記憶できています。


この程度の圧倒的なスピードがあれば、
難関大学でも、難関資格試験でも、
間違いなく優位に受験勉強を進められます。


「だけど、1日で1,000語なんて記憶できるはずはない」


そう考えるのは早計というものです。


まず、「記憶力」と「記憶術」は違う、
ということをしっかり理解する必要があります。


「記憶力」というのは持って生まれた覚える能力。
それに対して、「記憶術」は覚える技術(テクニック)です。


「記憶力」は変えられないのに対して、
「記憶術」は何歳になっても習得できるのです。


「記憶術」をマスターして受験勉強に使えば、
誰でも学習速度を大幅にアップする事ができます。


例えば、「藤本式記憶術」をマスターすれば、
勉強の効率を3倍はアップできます。


「藤本式記憶術」は藤本憲幸さんのノウハウ。
藤本憲幸さんといえば、記憶術日本一の人です。


つまり、記憶術日本一のノウハウをマスターできるのが、
「藤本式記憶術」の最大のメリットです。


「藤本式記憶術」をマスターすると、
こんな事ができてしまいます。


■ 単語1,000語を30分で記憶できる
■ 100ページの本を1日で完全に記憶できる
■ 原始時代〜近代までの歴史年表を1日で暗記できる
■ 100ケタの数字を2分で正確に記憶できる


特別な能力の持ち主である必要はなく、
あなたもこんな事ができるのです。


もちろん、記憶術を習得するために、
若干の時間と労力は必要です。


でも、難関大学や難関資格試験の受験勉強と比べたら、
記憶術習得の手間なんて、たかが知れています。


勉強のスピードを加速する手段。
それが記憶術です。


詳細はこちらをクリック




このサイトは、記憶術日本一に輝いた藤本憲幸さんの「藤本式記憶術」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。




「社労士試験に122日で合格する勉強法」 獅子原孝蔵 レビュー


「武田塾 奇跡の暗記術」 林尚弘 レビュー


受験生の最強の武器「試験に受かるユダヤ式記憶術」 レビュー



posted by Tornade at 13:27| 藤本式記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。